パチンコのお宝台とは

パチンコで勝つには大きく、ボーダー理論、波理論とありますが、私はオカルトを信じていないので、断然ボーダー派です。

パチンコも、最近では設定付きの機種も出てきましたが、ほとんどの機種が設定という概念がありません。

ボーダー理論とは、確率が一定のパチンコにおいては、ボーダー回数(千円で○○回転以上)を超えて良く回る台を打てば、理論上プラスになる、という考え方です。

スロットで勝つには、機械割の高い台(≒高設定)を長時間打つこと、ですが、

設定が存在しないパチンコで勝つための最短の道は、ボーダーを超える台(良く回る台)を長時間打つこと、となります。

お宝台の見つけ方

スロットでは、データサイトを見ても設定は分かりませんが、

パチンコでは、データサイトを見ればどれだけの出玉でどれだけ回ったか、というのが分かります。

パチンコのグラフデータと大当たりの回転数から、回転率を自動で算出します。

自動化ツール

ただ、これを1台ずつ目視でやっていくのはかなりの時間と労力を使いますね。

また、目視でやると、どうしても目盛りの読み取りがざっくりになってずれてしまいます。

そこで、全てを自動化できないか考えました。

すご腕のエンジニアに発注し、夢のツールが完成しました。

パチンコ回転率自動集計ツールです。

ツールの説明

取りたいお店のホールコードを入力し、サポ抜け回数(時短回数)、機種名を入力します。

そうすると、ツールがパチンコのグラフデータを読み取ってくれ、回転率を自動ではじき出してくれます。

こんな具合です。

「回転率」が初当たりまでの1000円あたりの回転数、

「回転率中間値」が最大ハマり時の1000円あたりの回転数、になります。

最大ハマり時は時短を抜けてからの回転数で計算しています。

両方見てあげることで誤差が少なくなるかなと思います。

メリット

このツールを使うことで、パチンコのデータ取りが自動化できます。

戦える店はどこか、

その店で甘めに使っている機種はどれか、

その店で甘くなる日はいつか、

こういったことがデータで分かります。

パチンコ人口も増えてきていますが、スロットと比べるとまだデータを活用している人が少ない世界です。

パチンコは単純に回転率がボーダーを超えているかどうか。シンプルです。

ライバルの少ないパチンコで、データを活用して勝ち組になりましょう!

内容・料金と購入方法

内容

集計ツール(WINDOWSアプリ)
使い方マニュアル

料金

※インフォトップでの販売を終了いたしました。

以下のアドレスまで個別にお問い合わせください。

n.nomura.biz@gmail.com

動作環境

OS・・・windows7,8,10
その他の制約なし

サポート

「ツールの使い方が分からない」
「エラーが出てしまう」
「設定方法が分からない」
など、不明点がありましたらメールにてお問い合わせください。
月1回まではメールにて無料サポートさせていただきます。