ジャグラーの根拠の作り方

皆さん、ジャグラー打ってますか?

ジャグラー好きですか?

ジャグラー勝ててますか?

私は完全にジャグラーの魅力に取りつかれてしまいました。

キレイなぺカリが見たくて見たくて。もはやぺカ中毒ですw

不思議ですよね。あんなに単純なゲーム性なのに、こんなにハマるなんて。

やはりスロットも「シンプルイズベスト」なんでしょうか。

そうはいっても、低設定のジャグでは、お金もなくなっちゃいますし、何よりペカらないんで面白くないですよね。

やはりジャグラーの醍醐味は高設定、設定6をつかんでペカらせまくる、それでこそ最高に楽しい時間が過ごせるというものです。

ジャグラー 設定推測の難しさ

楽しく勝つためには高設定のジャグラーを打たなければなりません。

ジャグラーの設定狙いって、簡単そうですが、実は難しいのです。

プロでもジャグラーだけは触らないという人も結構います。

なぜでしょうか。

それは、設定推測が難しいからです。

まず、ジャグラーには確定画面がありません。

ジャグラーの種類にもよりますが、設定推測する要素としては、

合成確率、レギュラー確率、ぶどう確率、が主になってきます。

私の場合だと、序盤は合成確率とレギュラー確率を重視、

3000回転以上になってくるとぶどう確率の比率を高めていく、という感じで設定推測しています。

しかし、この数字がブレるブレる。

1000ゲーム、単独レギュラーなしでも高設定でした、

午前中に3万円入ってやめたら、後から5000枚出された、なんて話はざらにあります。

私の場合、どんなに挙動が悪くても根拠がある台なら最低でも1500回転は回すようにしています。

(ストレートで1000ハマりはさすがにやめますw)

高設定でも1000ゲームくらいは地獄の区間があったりしますからね。

ただ問題は1500回転回して、結果低設定の場合、もう勝負は決してしまったりします。

根拠=粘れる理由を作る

日々稼働をしていると色んなケースがありますね。

あさイチに座った台が高設定挙動で夜まで出っ放しだった場合、これは誰でも粘れますね。おめでとうございます。

しかし、たとえ高設定に座ってもこのような挙動はレアケースです。

あさイチに座った台が高設定挙動で、途中で少しハマり始めた場合、どうしますか。

全て飲まれて戻ってこないパターンもありますし、再び上昇するパターンもあります。

迷ってしまいますよね。

逆にあさイチに挙動が悪かった場合、どうしますか。

これも1000ゲーム程度のゲーム数だと、挙動は全然あてになりません。

そのまま地下深くに沈むこともあれば、一転して上昇に転じる可能性もあります。

要は、自分の台の挙動で早期に設定推測することはかなり難しい、というより不可能という話です。

3000ゲームくらい回してようやく上か下か見えてくる感じです。

ただ、3000ゲームも回して低設定だと、もう手遅れになっちゃいますよね。

なので、ジャグラーでは3000ゲーム粘るための根拠が必要なのです。

ジャグラープロの代名詞、ガリぞうさんも良く仰っていますよね。

根拠のパターン

根拠とはどんなものでしょう。

いくつかパターン分けしてみました。

全台系

一番わかりやすいのは、全台系です。全6もあれば全56,全456もあります。

全台系だと、1000ゲームも経過すれば、例えば合計10台ある機種だと、全台合計で1万ゲームになりますので、

平均設定は見えてきます。

平均設定が5や6だと、いくら自分の台の挙動が1以下でも粘る根拠になります。

高配分

全台系じゃなくても高配分のケースも粘る理由になります。

全台の合成確率が設定4と3の間くらいの数値ですね。これくらいは良くホールで見かけます。

全台ではないけれども、いわゆる「当たり機種」に座っているということなので、これもある程度粘るべきですね。

法則、仕掛け

最近流行りの法則系ですね。

良くあるのが「末尾」、「並び」です。

当たり末尾に座っていたり、塊傾向のお店で両隣が高挙動なら、大きな粘る根拠になります。

お店の傾向・クセ読み

これは少し難易度が高いのですが、お店のクセを読んで狙う方法です。

クセには以下のものがあります。

「据え置き」・・・実は据え置きが一番狙いやすいと私は思っています。据え置き傾向のお店は意外と多いです。

「上げ狙い」・・・上げ狙いは結構難しいのですが、設定を頻繁に変えるお店だと有効です。

「場所」・・・お店に通っていると気づく場合が多いですが、ほとんどのお店は設定が入りやすい場所と、入りにくい場所があります。均等に入るわけではないのです。

「配分」・・・例えば「イベ日にはこの機種に3台は高設定が入る」、など配分が分かっていると、ほかの台の挙動を見つつ、判断ができるようになります。他に3台見えてないなら可能性がある、という具合です。

根拠の作り方

ジャグラーは、設定推測が難しいからこそ、上記のように根拠をつくることが大事なのです。

6号機のように、有利区間1周回したら、ある程度判断がつくわけではありません。

だからこそ、丁寧に根拠を作っていく必要があるのです。

高設定をつもる、捨てない、最後まで信じて回すための根拠です。

千ゲーム程度では何もわからないと言っても過言ではありません。

そして根拠づくりは、多くの人には難しい、手間がかかるので、ほとんどやっている人はいません。

だからこそ、根拠づくりさえしっかりしていれば、長期的には高確率で勝てるのがジャグラーなのです。

根拠の作り方は、データ取りの積み重ねが全てです。

長期間データを取り続けることで、初めて攻め方が見えてきます。

大変なデータ取りを自動化するズルい方法

データ取りが重要、というのは誰もが知っていますよね。

でも、毎日お店に行けるわけでもないのに、データだけ取り続けるのは大変ですよね。

ネットで見れたとしても、1台ずつ合成確率やレギュ確立、回転数などチェックして記録してまとめる、

となると、大変な労力です。

それが複数店舗になるとなおさら、、

大変なので、途中でやめてしまう人が多いですね。

私もデータ取りを始めてみるものの三日坊主でやめてしまう、、、そんな一人でした。

どうにかならないか考えていたころ、

「テクノロジーの力に頼ろう」と考え、データ取りを自動化するツールを開発しました。

その名も、「サイトセブン 大当たり集計ツール・設定分析ツール」です。

サイトセブンの大当たり情報を自動で収集することができます。

毎日、ツールを動かしておけば、勝手にデータを取得してくれます。

さらに、データを取るだけではなく、自分で設定した数値を満たした台に任意のテキストが入る、自由度の高いツールにしています。

例:8000回転以上には ★を、合成確率120以下、かつREG確率250以下には設定6、と入れる等、自分で設定できます。

レギュラーに寄ってしまって高設定なのに出なかった台、も補足できます。

ツールを活用したズルいデータ取りでライバルに差をつけましょう。

レギュラー確率より差枚重視の人は差枚集計ツールも合わせて使うとより効果的です。

ツールの活用方法

まずは通える範囲の店舗を5から10店舗、サイトセブンでピックアップします。

ピックアップ方法としては、ざっとデータを見てジャグラーの稼働があるかどうか、

合成確率をみて設定が少しは入っていそうかどうか、を確認します。

良さそうな店舗があれば、データを取得していきましょう。

ツールに店舗番号をぶち込んで、数週間データ取りを行いましょう。

店舗の強弱、強い日・弱い日、機種毎の扱い、ローテーション等を見ていきます。

1か月程データを取ると、クセや傾向が見えてきます。

狙いがしぼれそうな店舗があれば、そこが勝負できる店舗です。

ある程度見えてきたら、たとえホールに行けない日でも、狙い台を予想してみて、その後に答え合わせをする習慣をつけましょう。

予想がはずれたら、なぜ外れたのか、なぜ他の台に入ったのかを考えていくことです。

自分だけの法則が見つかったら儲けものです。

メリット

ツールを使うことで以下のメリットがあります。

1.データ取りにかかる時間が10分の1になる

2.データ取りを無理なく続けられる

3.複数店舗のデータ取りが出来る

4.ライバルの知らない情報が見えてくる

5.並び人数の少ない穴場店舗を発掘できる

6.勝率が上がる、迷いがなくなる

ぜひ、ジャグラーをデータで攻略して、より楽しいペカライフを送りましょう!

ではまた