てすとですてすとです
未分類

スロット 設定狙いで勝つための必須ツール4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スロット

『スロットで勝ち組になりたい』、『プロの人ってどうやって勝っているの?』『ハイエナは好きじゃないから設定狙いで勝ちたい』という方に向けて、

もはやプロや勝ち組の間では常識のツールをご紹介します。

その前に、まず、スロットの設定狙いで必要な要素として、下記の3点があると考えています。

  • ① 【前日まで】狙いの店・狙いの機種・狙い台を決める
  • ②【当日】自分、周りの台の設定推測
  • ③【当日】押し引き、立ち回り

この3つです。

①には日々のデータ取りが不可欠、

②は台の設定判別要素を抑える必要が、

③は自分の中でのルール決めや経験値が必要

かなと思っています。

それぞれ、1から自分で覚えるのは大変なので、便利なツールをご紹介します。

① 【前日まで】狙いの店・狙いの機種・狙い台を決める

全国約2000ホール出玉情報チェック

少しやり込んだスロッターなら知らぬ人はいないツールかと思います。

PC版は月額500円、スマホ版は月額300円で提携しているホールのデータが遠隔で見れるサービスです。

店舗によっては全く公開していなかったり、グラフは公開していなかったり、と様々ですが、割と多くのホールさんはデータ公開しています。

(逆に言うと、出玉データを見られてもいい、というホールさんはあまりひどい設定状況にはできないので、自信がある、優良店の可能性が高まると思います)

サイトセブンでは

稼働率(回転数)、出玉データ(設定状況)、強い日、強い機種を確認します。

昔のスロプロは毎日ホールに通い、手書きでデータをとっていましたが、今はPCやスマホさえあれば、自宅で効率的にデータチェックできます。いい時代です。

1週間分の台ごとのグラフやデータが見れます

そもそも高設定(設定6)が入っているか、稼働はあるか、いつが強い日なのか、どの機種に設定が入りやすいのか、など、このサイトを使って確認していきましょう。



エクセル(スプレッドシートでもOK)

サイトセブンや足で台番毎のデータをチェックしたら、エクセルに記録しましょう。

記録内容は差枚数であったり、高設定台であったり、最低台であったり、人によりいろいろです。

サイトセブンでは差枚は公開されていません。グラフから読み取る必要があります。そんな時は、このツールが便利です。

サイトセブン 差枚集計ツール

私は普段別の仕事をしていますので、毎日データ取りに時間をかけることはできません。このツールを使って日々のデータ取りは完全に自動化し、打ちに行く前日にエクセルのデータをながめつつ、狙い台を絞っています。

②【当日】自分、周りの台の設定編別、

スロマガ

続いてスロマガです。すでに使っている人も多いでしょう。

パチスロ攻略マガジンさんが出している公式のアプリになります。

月額300円で有料会員になりましょう。

スロマガでは

機種ごとの情報(打ち方、設定推測要素、天井、機械割等)がかなり見やすくまとまっています。無料サイトもありますが、広告でストレスがたまったり、中々ほしい情報にたどり着けないことも多いはず。月額300円でストレスなく、必要な情報をすぐに確認できる。メダル枚数にして15枚、期待値確実にプラスだと思いますw

初打ちでも安心して打てますし、ハイエナにも使えますね。

また、設定推測ツールもかなり重宝します。

自分であれこれ推測するよりも、ツールを活用しましょう。

必須アプリ スロマガ

勝ち勝ちくん

これもおなじみですね。子役カウントツールの勝ち勝ちくんも、設定狙いには必須でしょう。

スマホの無料アプリでもいいのですが、やはり電池の減りが激しかったり、操作性の面でも少し劣ります。

ジャグラーなどAタイプで、子役カウントする回数が多い機種をうつ場合は、勝ち勝ち君がおすすめです

AT機ばかり攻める場合はアプリでもよいでしょう。

最後に

いろいろツールをご紹介しましたが、

店選び、台選び、押し引き、台移動、など、最終的な判断を下すのは自分自身にほかなりません。

そのため、おすすめしたいのが、毎回記録をするということ。

私は、設定狙いする際は以下を記録しています。

・狙い機種と狙いの台番号、その根拠(複数台狙い台を決めています)

・狙い台の結果と予想設定

・当たり台の機種と台番号、次回に生かせる反省

ツールに任せるところはツール化し、

日々の判断と振り返りにより、己の判断力を磨いていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

てすとです